記事一覧

ロレックスのクラシックでエレガントな機械式ウォッチ「エアキング」が復活

ロレックススーパーコピーのクラシックなコレクション、エアキング(Air King)がアップデートを果たした。シンプルなつエレガントなデザイン要素は継承され、最新の機械式ムーブメントを搭載している。ケース直径は40mmを用意する。

2023年 新作モデル ロレックス エアキング コピー オイスター、40 mm 22040605

モデルケース:オイスター、40 mm、オイスタースチール
オイスター アーキテクチャー:モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ
直径:40 mm
素材:オイスタースチール
ベゼル:スムース
ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻

ブレスレット:オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材:オイスタースチール
クラスプ:セーフティキャッチ付オイスターロック、イ
ージーリンク(約 5 mmのエクステンション
リンク)
ダイアル:ブラック
詳細:クロマライト ディスプレイ (青色発光の長
時間継続ルミネッセンス)

オイスタースチールの40 MMケース、オイスタークラスプ付ブレスレットと、特徴的なブラックダイアルを備えたエアキングは、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ時計なのだ。

改良されたロレックスのクラシックライン

ロレックスは、変化する世界に適応しながらも、色あせることがないクラシックモデル、エアキング(Air King)の新モデルを発表した。さりげなくも大胆に加えられた改良と、アップグレードした自動巻きムーブメントにより、正統な進化を果たした。

丸みを帯びたケースは、サテン仕上げとポリッシュ仕上げを組み合わせており、ドーム型のサファイアクリスタル製風防がクラシックな印象を持たせている。

グレーやブルー、アイボリーなど、複数のカラーの仕上げを用意するダイアルは、風防同じくドーム型。近くで見ると、秒針の先端が曲げられていることに気づくだろう。スリムなインデックスは、ドーム形状のダイアルに合わせてカーブしており、ヴィンテージウォッチにも見られる意匠が反映されている。

このアップデートされたエアキング(Air King)は、40mmのケースサイズを展開するコレクションだ。ステンレススティールだけでなく、ローズゴールドPVDコーティング、またステンレススチールとローズゴールドPVDコーティングのバイカラー仕上げのモデルもラインナップ。加えてバリエーションとして、メタルブレスレットとレザーストラップの仕様も用意する。

エアキングの基本的な特徴はそのままに、進化を続けるメカニカルハートビート。今回の新しいエアキングには、全モデルにおいて最新の自動巻きムーブメント、パワーマティック80を搭載する。

汎用機をカスタマイズすることで、優れた精度と約80時間のロングパワーリザーブ、ニヴァクロン製ヒゲゼンマイの採用による耐磁性の強化など、さまざまなメリットがもたらされた。

【関連記事】:スーパーコピー時計 買う なら

コメント一覧

シンプルで上質なバッグ URL 2023年03月20日(月)11時50分 編集・削除

ここしばらく、大きなロゴがポイントとなったバッグが人気を集める一方、オシャレに敏感な大人の女性たちの間で注目され始めているのがロゴが目立たないシンプルなバッグです。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー